by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーは優良な投資顧問か?

情報の質の良さ

資産運用の方法として株式投資を選んだものの右も左もわからず、手探り状態でいるとき、投資顧問の存在を知りました。ネットの口コミなどを調査しましたが、どの投資顧問も良いものもあれば悪いものもあり両極端でどれを信用していいのか判別できませんでした。そんなとき、勧められたのが無料登録という手段です。無料登録会員になるとメルマガの配信により推奨銘柄をはじめとした有力な情報や銘柄相談というものが受けられるようになるというからです。電話での勧誘がしつこいなどの意見も散見されたので、自分はフリーメールなどでベストプランナーなど複数の優良とされる投資顧問に登録しました。

ベストプランナーで提供される情報は、勝率も高く信頼できるものでしたが、株式投資に関して未熟だったこともあり、初めは損が多かったような気がします。予想外の値動きをすることもあるので、いいスタディケースと心得、買わなかった銘柄でもベストプランナーの配信にあったものは逐一情報を仕入れるようにしました。後で考察するとなるほどということが多く、改めてベストプランナーの情報の良さに納得しました。こうして経験を積み重ねるうちに大勝ちする銘柄ではないものの手堅い銘柄を感覚的に選べるようになり、また、損切りを早くしたことで徐々に成績も上がっていきました。

優良とは?

ベストプランナーに限らず、優良な投資顧問を見つけるために着目すべきポイントが他にもいくつかあります。まず、宣伝広告を大きく行っているかどうかという点です。広告費に経費を割ける企業はそれだけ資金繰りに困っていない企業がほとんどです。投資顧問の場合、顧客からの信用によって成り立っている仕事といえるので、資金繰りがいいということはそれだけ顧客がいて信用されている投資顧問であるという一つの目安になります。また、宣伝広告が打てないということはそれだけ表だった行動ができないという点でヤバい可能性もあります。そのため、広告の大きさは優良の指針の一つになるのです。

また、ホームページの更新が頻繁に行われ、無料のコンテンツが充実していることも優良な投資顧問かどうかを判断する材料になります。更新がなされないか遅い場合、投資顧問としての実態がない可能性もあり、注意が必要です。また、会社の所在地がしっかりしているかも大事なポイントになります。実際に会社があり、その住所に実在しているか自分で確認しましょう。何らかのトラブルを抱え、転々としていたり、優良な投資顧問でない可能性があります。また、電話の応対や質問への返信態度なども優良な投資顧問かどうかもチェックするポイントになるでしょう。態度が横柄だったり、投資について答えられない場合、優良な投資顧問とは言えないからです。

  READ ARTICLE
12 words ()
by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーが優良と呼ばれる理由

会社としての歴史の長さに裏づけされた豊富な実績

投資顧問会社の良し悪しを見極める上で重要なポイントの一つとなるのが投資顧問としての実績です。資産運用を目的に投資を始める人が増加傾向にあるのに伴って、投資顧問の会社の数も増えてきています。とはいえ、投資の世界は奥が深く、投資家に有益な情報を提供ができるようになるのは一朝一夕でできる物ではありません。こうした理由から、歴史が浅く実績の少ない投資顧問の会社は避けるのが良いと言われています。
投資顧問ベストプランナーは、創業から20年以上の歴史を持つ会社です。この説明を読んでただ歴史が長いだけではと感じた人もいるかもしれませんが、情報提供やアドバイスを生業としている以上、実績を残せなければ会社の経営を続けていくことはできません
実際にこちらの会社は多くの投資家に利益をもたらせてきたという実績を誇っています。私も投資顧問ベストプランナーを利用して利益を得ている一人です。このように安心して利用できる実績と信頼の高さが優良とされる理由になります。

高い情報収集力を含む充実のサポート体制

投資顧問ベストプランナーがたくさんの投資家に利用されて高い評価を受けている理由に高い情報収集力があります。投資の世界において、より多くの情報を手に入れることは利益を生むための重要なファクターの一つです。とはいえ、どんなに経験を積んだ投資家であっても、個人では情報収集に限界が出てしまうのは否めません。
こちらの会社は、20年以上の歴史の中で培った独自のネットワークを駆使してより深い情報を入手することができるのが特徴です。投資顧問ベストプランナーから提供される情報の中には老舗だからこそ得られる個人では入手不可能な物も少なくありません。私もこの情報提供のおかげでより有利に取引を行うことができています。
顧客を多く抱えている企業の場合、アフターケアなどが希薄になってしまうこともありますが、ベストプランナーは投資家一人ひとりに専属アドバイザーが付いてくれるので安心です。私のように情報提供を含むサポートを重視する人にもおすすめと言えます。

初めての人でも気軽に利用を始められる無料サービス

投資を始めたばかりの人やこれから始めることを検討している人にとって頭を悩ませるのが投資顧問選びです。会社の評判は口コミなどを参考にすることである程度把握することはできます。しかし、投資をする上で必要なサービスや情報は個人で異なる以上、必ずしも高い評価を受けている会社が全ての投資家に合っているとは限りません
投資顧問ベストプランナーはこうした初心者の投資家に向けた無料サービスが用意されています。主な内容としては、気軽に始めることができる無料登録、相場の動きをまとめたコラムの閲覧、今後動きが予想される注目銘柄の紹介といった物です。こうしたサービスを有料で提供している会社も多い中で、誰でも利用できる状態になっているのは大きな魅力と言えます。
私も最初に無料で登録をしてコラムや銘柄の紹介のサービスを利用して決断をしました。もちろん、人によっては投資顧問ベストプランナーが合わない感じる人もいるかもしれませんが、そういった場合は無料サービスだけに留めておけば問題ありません。
投資顧問選びで迷っている人は、良し悪しを判断をするために利用をすることをおすすめします。

  READ ARTICLE
18 words ()
by admin | 4:24 am

インサイダー情報とその区分

インサイダー情報とは、上場会社などの機密事項とされる重要な事柄のことを指し、中でも株価の動きに関わる出来事であり、これらの「決定」「発生」「決算」事項と「バスケット条項」に区分されます。

決定事項とは

株価に変動が起きてもおかしくないような必然的なイベントが決定したことを言います。
取締役会の他に、社内決定機関が決めたものも含み、その前段階のリサーチ情報や決め事が決定となった場合など、その意味合いは広範囲にわたる場合があります。

発生事実とは

不可抗力などにより、会社の方針とは無関係に起きてしまった、重大な事柄をいいます。
株価の変動が起きてもおかしくないほどの大きなイベントの場合は、それが良い場合もあり、悪い場合もあるわけですが、両者を含んだものを指します。

決算情報とは

会社の業績の予想が修正となる情報の事を指します。こちらも良い場合も悪い場合もありますが、両者を含んだものを指します。

バスケット条項事実とは

投資の判断に影響を与えてしまう機密事項的な重要情報と考えられるものを指します。
ただし、バスケット条項事実そのものが不透明とされているため、そうなるとインサイダー取引の境目が余計に、曖昧となって判断されてしまうことが多々あります。

これら、重要とされる事実事項に当てはまるかもしれないけれど、株価にはさほど影響しないであろう小規模なものは、重要事実からは除外となります。
重要とされるインサイダー情報であるとはっきりと自覚をしている時だけはなく、当てはまるかどうかがわからないけれど、当てはまっても構わないという故意的なものは含まれてしまいます。

弁明理由とならないことを念頭に

自らが好まずして、犯罪に巻き込まれてしまう場合もありますので、その基準などは理解をしておくべきでしょう。これらインサイダー情報を含む口コミサイトなどを利用するというのもひとつの方法です。
理解せずに取引を行ってしまい、結果、インサイダー取引になっていた場合は目も当てられません。例をあげれば、海外にある子会社がある理由により解散といった事実事項を「機密的な重要情報ではない」と判断し、自社の株を取引きしてしまったことで数千万円の課微金命令が出たということもあります。「ついつい」や「うっかりしていた」が弁明理由とならない場合も多々ありますので、やはり事前リサーチは必須となるでしょう。

インサイダー情報を含む口コミ

私が過去利用していた口コミ情報サイトは数百を超えているのが事実です。もちろん中にはインサイダーを謳って100%勝つことが出来る、やどこどこの誰々がインサイダー情報を漏らしたなど、真実に欠ける情報も世の中に蔓延しています。

その中でも真実の情報を少しでも読者へ届けようと、日々更新されている口コミサイトも存在しています。中でも私が日々の投資活動の役に立てている情報サイトを1つご紹介させて頂きます。

インサイダー情報を含む口コミ

また他にも知識と情報の真意性を判断したうえで、当サイトにてご紹介させて頂ければと思います。

  READ ARTICLE
50 words ()