by admin | 4:20 am

インサイダー取引の犯罪に関わらないために

インサイダー取引が法的に禁止されているということは、ご存知だと思います。
もちろん誰もが、犯罪者にはなりたくなんてありませんよね。インサイダー取引について知っていれば防げたかもしれないことでも、よく知らなかったばかりに、インサイダー情報を「悪いことに使う」という意識が無い状態で、普通に生活をしていていたとしましょう。その場合、ひょっとするとインサイダー取引に該当してしまう行動を取ってしまっているかもしれません。「悪いことをする意識がない」場合でも、犯罪として加点されてしまえば、厳しいペナルティが待っています。

どういった犯罪か?

株を売買するときには、どういった情報源を参考に判断しているでしょうか?
株価の上昇、変動に繋がる重要事項は、誰よりも素早く入手し、得に繋がることは人よりも先回りして売買しておきたいと考えますよね。そのような重要事項もインサイダー情報を含む口コミサイトなども多数存在します。
しかしながら、人よりも先回りし、その程度が明らかに通常よりも超えてしまった場合には、金融商品取引法で定められているインサイダー取引という犯罪にあたってしまう可能性も出てくるのです。

インサイダーという言葉は「内部者」という意味にあたります。株価に影響があるような、内部者しか知り得ない機密事項を、公には未発表の状態でその情報を利用して儲けようとする動き、それらを取り締まるための法律でもあります。

会社に知られてしまうリスクもある

犯罪処罰として対処外であったとしても、金融庁からは「課微金」という処罰の対象となる場合もあります。その場合は5万円以内の課微金が命じられたケースもありますが、中には数百万円以上という額で科せられることもあります。そうなると、生活に支障をきたすだけでなく、現在勤めている勤務先にも知られてしまうことに繋がり、懲戒免職という勤務先からのペナルティも同時に受けることになることも。

インサイダー情報の取扱いと取引について、詳しく知らなかったが故に、結果「犯罪に巻き込まれていた」となる可能性もあるかもしれないということを、知って頂けたかと思います。
インサイダー情報を含む口コミサイトを利用して、事前にリサーチしておくのが賢明かもしれません。

  READ ARTICLE
26 words ()
by admin | 4:19 am

自分と無縁とは考えてはいけない!
インサイダー情報は優良口コミサイトから

インサイダー情報を取り扱っている、危険気周りない情報サイトの話などを口コミ情報として聞かれたことはありますか?
インサイダー情報を含む口コミには、憶測が入っているモノもあれば、真実が入っているモノもありますので、それを見極める力というのが個人投資家には必要になってきます。

インサイダー情報とは

「そもそも、インサイダー情報って何?」と、疑問に思われている方のために、説明をさせていただきます。
企業内の機密事項を知り得る重要人物などを、会社の「内部者」と呼び、それを表現したものが「インサイダー」という言葉です。株価に大きく影響する事柄がその内部者にしか知れていない状態で、その情報を流用し儲けようとする行為をインサイダー取引、取引を行う前の機密事項的な話の事をインサイダー情報といいます。

その罪とは

インサイダー情報を利用した取引は、法的に禁止されています。
なぜならば、証券市場の信用問題に関わる事項であり、まだ情報を知りえていない一般投資家の人たちとの不公平さが生じしてしまうということから、罰せられる禁止事項です。
この犯罪行為は、当然警察のお世話になることとなり、起訴されてしまえば懲役と罰金刑が科せられる可能性があります。
参考までに、業務上のミス及びそれに関わる事故などで人が死亡した場合に科せられる業務上過失致死罪よりも、重い罪として設定されているのです。

軽はずみな行動が該当してしまう可能性も

投資をしていれば、株価の変動に繋がる情報は誰よりも先に掴んでおきたいものです。
ですが、「ついつい」や「うっかりと」という軽はずみなところから、インサイダー取引となってしまう可能性が高いのです。インサイダー情報を含む口コミなどを鵜呑みにしてとった行動から、その様な犯罪に巻き込まれないように注意が必要です。

本当に関係ありませんか?

「自分には無縁な話である」とそんなふうに思っている人が大半だと思いますが、知らないが故に、「なんだか知らないうちに巻き込まれていた」というケースも無きにしも非ずです。
危険性はどんな時も身近に潜んでいると考えておいて丁度よいくらいかもしれません。
わが身と、将来の安定した資産を守るためにもこのような事項は、優良な口コミサイトから情報収集を常に行っておくことをおすすめします

  READ ARTICLE
30 words ()