by admin | 4:24 am

インサイダー情報をもとにした取引の規制とは

インサイダーの取引のルールは、複雑です。ルールの規制が厳しすぎると、取引そのものをむやみやたらに恐がってしまい、株の出来高へも影響してしまうことも考えられます。
しかしながら、決め事もなく緩い状態であると証券市場の内部が乱れてしまうということが起こります。その境目を見極めるために、調整を繰り返してきたことによって、疑問点も附帯してしまうという規制になっていると見受けてしまいます。この状態は、以降も続くと考えられています。

インサイダー取引の規制とは

インサイダー情報の口コミサイトなどを利用して情報収集を行う前に注意しておきたいのは、取引の規制がどういったものになっているのか?を知っておくことでしょう。
「会社の内情を知り得る関係者」となる第一情報受領者が、会社の内情に関する機密事項及び株価の動きといった重要事項をインサイダー情報と言い、これらを知った状態で公に公開される前の非公開の状態で、株式の取引を行ってしまうこと。これらは、規制される行為として罰則の対象となるわけです。

NGとなる境目は?

第一次情報受領者とは、会社関係者であり、その範囲はなんらかの事情によりその会社を退職した人物も含みます。正社員だけではなく、契約社員、アルバイト、パート社員は当然。
契約を締結している取引先(銀行、顧問役なども含む)、法令に基づく権限がある人物や総株式を保有する人物、これらすべてがNGの範疇となります。ここで覚えておいていただきたいのは、現在ではなく過去に関係者とされる従業員の場合は、辞めてから1年までがNGと限定されます。辞めてから1年以上が過ぎれば内部者という判断ではなく、一般投資家というふうに扱われ、取引の規制からは外れることになります。

第一情報受領者の範疇は?

機密事項とされる重要情報を持っている会社関係者からインサイダー情報を見聞きして、それらを受け取った人のことを指します。好まずして聞かされた場合(社外含む)でも、そのような情報を見聞きしてしまった場合には、取扱いに注意が必要となります。
株式の発行元とされるのは、上場されている企業は勿論ですが、そこに関連する企業も含まれます。親会社とは関係ないと思っている子会社の従業員も対象となる場合がありますので、ここでも注意が必要となります。

  READ ARTICLE
31 words ()