by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーは優良です!

投資を始めてまもない方へ
あなたの投資、成功していますか?
投資の初心者が自力で利益を出すことは簡単ではありません。そんな時は株予想会社、株式投資助言、投資顧問、株予想サイトを利用してみませんか?これらを利用して投資のプロに指示を仰ぐことも利益を出すためには大切です。
優良な投資顧問会社は?
ズバリ、優良な投資顧問会社として挙げられるのは、「投資顧問ベストプランナー」です。
この会社は多くの比較サイトで人気があり、良い口コミしか見当たらないほどです。まさに老舗投資顧問会社であり、約20年にわたって勝ち続けている会社です。その経験と情報量は絶大で、他社では真似できないような利益を出し続けています。
会員になれば、質の高いサービスが行き届くように専属のアナリストが付き、あなたをサポートしてくれます。
無料のコンテンツと有料のコンテンツがあり、無料のコンテンツに登録すると、日々の相場レポート、週刊コラム、無料銘柄情報、無料銘柄相談といったサービスが受けられます。また、代表の高見英治氏が厳選した銘柄3選も知ることができます。この銘柄3選のようなサービスは他サイトでも見ることができますが、大抵当たらないような銘柄のものばかりです。しかし、ベストプランナーで掲載された銘柄はしっかりと価格が上昇しています。
無料でこれだけ充実していますが、本当に利益を出したいのならば、有料のコンテンツに登録すべきだと思います。
有料コンテンツに登録して、資金、知識、経験を得よう!
ベストプランナーの有料コンテンツには大きく2つのプランがあります。
1つは期間契約プランで1か月から6か月継続利用して安定した収入を目指すプランです。
もう1つはスポット契約プランで短期で高利益を目指すプランです。
どのプランにするかはあなたの投資歴や資産状況、投資スタイルなどを踏まえて、担当となったアナリストの方と相談の上、決めるのが良いでしょう。どのプランもプロの専属アナリストの元、あなたに利益をもたらしてくれるはずです。
ベストプランナーの良い点は、利益を私たちにもたらしてくれるのはもちろんですが、20年にわたって勝ち続けた歴史があり、経験があり、情報があり、なおかつそれを全会員に提供するサービスが整っている点です。投資初心者は相場をどう把握するか、どのような銘柄を買うべきか、どのタイミングで売買すべきか、などがわからず数多くの不安を抱えており、それらを払拭してくれるサポートが必要となります。
実際、私も投資で成功できたのは、ベストプランナーで本物のプロのアナリストと出会い、その人のサポートを受け、資金だけでなく知識と経験を得られたからだと思います。
株投資である以上リスクは伴いますが、ベストプランナーは利益を出すため、自身が知識、経験を得るために優良といえる投資顧問会社でしょう。

  READ ARTICLE
0 words ()
by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーが優良と呼ばれる理由

会社としての歴史の長さに裏づけされた豊富な実績
投資顧問会社の良し悪しを見極める上で重要なポイントの一つとなるのが投資顧問としての実績です。資産運用を目的に投資を始める人が増加傾向にあるのに伴って、投資顧問の会社の数も増えてきています。とはいえ、投資の世界は奥が深く、投資家に有益な情報を提供ができるようになるのは一朝一夕でできる物ではありません。こうした理由から、歴史が浅く実績の少ない投資顧問の会社が裂けるのが良いと言われています。
投資顧問ベストプランナーは、創業から20年以上の歴史を持つ会社です。この説明を読んでただ歴史が長いだけではと感じた人もいるかもしれませんが、情報提供やアドバイスを生業としている以上、実績を残せなければ会社の経営を続けていくことはできません。
実際にこちらの会社は多くの投資家に利益をもたらせてきたという実績を誇っています。私も投資顧問ベストプランナーを利用して利益を得ている一人です。このように安心して利用できる実績と信頼の高さが優良とされる理由になります。
高い情報収集力を含む充実のサポート体制
投資顧問ベストプランナーがたくさんの投資家に利用されて高い評価を受けている理由に高い情報収集力があります。投資の世界において、より多くの情報を手に入れることは利益を生むための重要なファクターの一つです。とはいえ、どんなに経験を積んだ投資家であっても、個人では情報収集に限界が出てしまうのは否めません。
こちらの会社は、20年以上の歴史の中で培った独自のネットワークを駆使してより深い情報を入手することができるのが特徴です。投資顧問ベストプランナーから提供される情報の中には老舗だからこそ得られる個人では入手不可能な物も少なくありません。私もこの情報提供のおかげでより有利に取引を行うことができています。
顧客を多く抱えている企業の場合、アフターケアなどが希薄になってしまうこともありますが、ベストプランナーは投資家一人ひとりに専属アドバイザーが付いてくれるので安心です。私のように情報提供を含むサポートを重視する人にもおすすめと言えます。
初めての人でも気軽に利用を始められる無料サービス
投資を始めたばかりの人やこれから始めることを検討している人にとって頭を悩ませるのが投資顧問選びです。会社の評判は口コミなどを参考にすることである程度把握することはできます。しかし、投資をする上で必要なサービスや情報は個人で異なる以上、必ずしも高い評価を受けている会社が全ての投資家に合っているとは限りません。
投資顧問ベストプランナーはこうした初心者の投資家に向けた無料サービスが用意されています。主な内容としては、気軽に始めることができる無料登録、相場の動きをまとめたコラムの閲覧、今後動きが予想される注目銘柄の紹介といった物です。こうしたサービスを有料で提供している会社も多い中で、誰でも利用できる状態になっているのは大きな魅力と言えます。
私も最初に無料で登録をしてコラムや銘柄の紹介のサービスを利用して決断をしました。もちろん、人によっては投資顧問ベストプランナーが合わない感じる人もいるかもしれませんが、そういった場合は無料サービスだけに留めておけば問題ありません。
投資顧問選びで迷っている人は、良し悪しを判断をするために利用をすることをおすすめします。

  READ ARTICLE
0 words ()
by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーは優良会社なのか

投資顧問ベストプランナーを経験したら代表の実力を実感
投資顧問ベストプランナーは優良会社なのかと疑問に思う人もいると思います。インターネット情報では良い話は聞かないという人が多いことも特徴です。しかし、実際に利用したら分かりますよ。代表である高見英治氏の実力を凄さを堪能したい人は投資顧問ベストプランナーを選択することが望ましいです。
代表である高見英治氏は株式会社DMMFXHDに買収された株式会社東京ビットコイン取引所の代表取締役と株式会社テコテックの取締役でした。あの有名なDMMの元代表ですから知名度も高いことが特徴です。高見英治氏の実力を教えてもらえる投資顧問ベストプランナーとの出会いはまさに奇跡といっても過言ではありません。豊富な経歴、専門知識を兼ねそろえた人の教えを頂けることは株初心者をはじめ上級者まで様々な人の間で噂になるほど浸透しています。そのため良い話も悪い話も出てきます。誰でも人間には相性があるように、株も相性があります。相性が良かったら不満はありませんよね。しかし少しでも損失を受けたり、嫌な思いをしたと感じたら嫌な事だけを取り上げて情報発信してしまう人もいます。損失は自分の資産を失うと同然ですから気持ちはわかります。しかし、そればかりを信用するのも良くはありません。正しい情報をしっかり掴むためには口コミなどを見るだけではなく、会社の本質を見抜くことが大切だと言えます。
私の場合は、資産投資する前に色んな会社の情報を公式サイトで調べて会社の概要を知ることから始めました。世界の情勢は毎日のように変わっていますので資産運用の変動があることも確かにあります。損失を得ることもあります。しかし損失だけに視点を置くのではなく、この先のことを考えることも重要になります。そのためフォローがしっかり行き届く環境で資産投資ができるのか、スタッフの対応はどのようなものなのかが重要だと思っています。そこで、投資顧問ベストプランナーは高見英治氏をはじめスタッフの対応が良いのでアフターフォローも行ってくれます。さらに銘柄選びなど選択しなくてはならない場合も専門知識を持ったスタッフが多いので信用して投資を続けることも可能です。短期から長期まで様々なプランがありますので迷うことも多いと思いますが、プランなどの選択時でもスタッフが慎重に進めてくれますので大きな損失を感じたことはありません。安定した生活を行うために大きなリスクを得るよりも少しずつ確実に利益を出していく方法として投資顧問ベストプランナーをおすすめします。

  READ ARTICLE
2 words ()
by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーは優良な投資顧問か?

情報の質の良さ
資産運用の方法として株式投資を選んだものの右も左もわからず、手探り状態でいるとき、投資顧問の存在を知りました。ネットの口コミなどを調査しましたが、どの投資顧問も良いものもあれば悪いものもあり両極端でどれを信用していいのか判別できませんでした。そんなとき、勧められたのが無料登録という手段です。無料登録会員になるとメルマガの配信により推奨銘柄をはじめとした有力な情報や銘柄相談というものが受けられるようになるというからです。電話での勧誘がしつこいなどの意見も散見されたので、自分はフリーメールなどでベストプランナーなど複数の優良とされる投資顧問に登録しました。ベストプランナーで提供される情報は、勝率も高く信頼できるものでしたが、株式投資に関して未熟だったこともあり、初めは損が多かったような気がします。予想外の値動きをすることもあるので、いいスタディケースと心得、買わなかった銘柄でもベストプランナーの配信にあったものは逐一情報を仕入れるようにしました。後で考察するとなるほどということが多く、改めてベストプランナーの情報の良さに納得しました。こうして経験を積み重ねるうちに大勝ちする銘柄ではないものの手堅い銘柄を感覚的に選べるようになり、また、損切りを早くしたことで徐々に成績も上がっていきました。
優良とは?
ベストプランナーに限らず、優良な投資顧問を見つけるために着目すべきポイントが他にもいくつかあります。まず、宣伝広告を大きく行っているかどうかという点です。広告費に経費を割ける企業はそれだけ資金繰りに困っていない企業がほとんどです。投資顧問の場合、顧客からの信用によって成り立っている仕事といえるので、資金繰りがいいということはそれだけ顧客がいて信用されている投資顧問であるという一つの目安になります。また、宣伝広告が打てないということはそれだけ表だった行動ができないという点でヤバい可能性もあります。そのため、広告の大きさは優良の指針の一つになるのです。また、ホームページの更新が頻繁に行われ、無料のコンテンツが充実していることも優良な投資顧問かどうかを判断する材料になります。更新がなされないか遅い場合、投資顧問としての実態がない可能性もあり、注意が必要です。また、会社の所在地がしっかりしているかも大事なポイントになります。実際に会社があり、その住所に実在しているか自分で確認しましょう。何らかのトラブルを抱え、転々としていたり、優良な投資顧問でない可能性があります。また、電話の応対や質問への返信態度なども優良な投資顧問かどうかチェックするポイントになるでしょう。態度が横柄だったり、投資について答えられない場合、優良な投資顧問とは言えないからです。

  READ ARTICLE
0 words ()
by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーを優良サービスといえる理由

20年生き残ってきた老舗投資顧問
巷に優良な投資顧問サイトが多すぎる、と思っていませんか?インターネットを見ていると、宣伝が派手だったり、良くも悪くも大きな話題になっている投資顧問サイトがいくつも見られます。しかし、表面的な注目度に惑わされるのは損の始まりです。優良な投資顧問サイトは、外見が注目されるのも当然のこと。ただし、それ以上に内面が充実しているからこそ、優良サイトという判断につながっています。投資顧問ベストプランナーは、業界が激震した20年の歳月を生き抜いてきた投資顧問です。いわば、株式投資の酸いも甘いも噛み分けたうえで成長を続けている投資顧問といっていいでしょう。実は、投資顧問業界では20年も経営を続けている会社が希少です。もちろん、顧客に利益をもたらし続けているからこそ、経営を続けてこられたはずです。
代表が推奨する銘柄の上昇率が平均的に高い
投資顧問ベストプランナーが多くの人に選ばれる理由の一つに、代表の高見英治氏の格別な経歴と実績があります。代表がフルオーダーメイドでアドバイスするプランもあり、その評判は天井知らずです。代表の評判が良く、部下の評判も良い投資顧問サイトは、多くはありません。数少ない全体評判の高い投資顧問ベストプランナーでは、トップの影響力の強さに加えて部下の統率も上手にとられているのだと思います。

そんな投資顧問ベストプランナーの高見代表が推奨する銘柄情報は、ロイヤルプランに申し込むと入手できます。原則として、5営業日以内に株価30%の上昇率を見込める銘柄情報です。上昇率30%だと、もっと格下のプランとあまり変わらないように思えます。ところが、これが10倍以上に大暴騰する実績を積んできたのが、ロイヤルプランの偉大さです。このノウハウは、投資顧問ベストプランナーのアナリスト達にも引き継がれていると期待できます。
取引のベストなタイミングを逃さない
旬な投資情報を顧客に提供するのは、投資顧問会社の義務といっていいでしょう。投資顧問ベストプランナーではこの実務をパワーアップさせて、ベストな提供タイミングを追求しています。株式投資の損得は、取引するタイミングに左右されます。ベストなタイミングを逃してしまえば、取り返しのつかない損失にもつながりかねません。常に株式情報に触れているアナリスト達には、有益・不利益情報は見えているはずです。その先で、顧客に素早いタイミングを計って情報提供できるかどうかが、実力の違いです。そんな実力が高いアナリストが多いから、投資顧問ベストプランナーは優良の評判を得ています。

  READ ARTICLE
0 words ()
by admin | 3:11 am

平均1.3倍を誇る投資顧問ベストプランナー

なくてはならない投資顧問!投資顧問ベストプランナーの強みとは
投資顧問ベストプランナーが投資家の間で話題を集めるのは、その優れた結果に基づくものであることは間違いありません。好結果をもたらすことについては元々定評がありますが、平均1.3倍にもなるという数字については、利用者にとっても驚異的といえるのではないでしょうか。私も株式投資を始めてから、何度となく投資顧問の助言やアドバイスを受けてきましたが、投資顧問ベストプランナ―ほどの的確な情報や判断材料を提供してくれるところは他に類を見ません。
株式投資を成功させるには、株式マーケットの情勢を見極めると同時に個別銘柄の分析をすることが重要です。マーケットは常に動いているため、トレンドを把握しながらも先々の動きにも目を向ける必要性があることはいうまでもありません。投資顧問ベストプランナーには、そのような状況に対応できるアドバイザーやアナリストが揃っているといえるでしょう。
有望銘柄を見つけることが大事
投資顧問ベストプランナーが平均して好結果を生み出しているのは、実力を持ったアナリストやアドバイザーが揃っているからです。人工知能やロボットなどへの期待感が従前以上に増してきていますが、やはり株式銘柄の見極めをするには、プロの目線が必要といえるのではないでしょうか。投資顧問ベストプランナーを利用する場合には、スポットプランもお勧めです。今後に成長性や将来性が期待できる銘柄として注目を集めます。
株式投資の初心者が気をつけなければならない点として、あまりにも現状の値動きに固執してしまうことです。株式投資ではいかにして先読みをできるかが重要なポイントとなります。そのような観点からも、情報量が豊富な投資顧問ベストプランナーの力を借りることは有意義といえるでしょう。
最も投資家に有利な投資手法
本気で株式投資で利益をあげたいなら、投資顧問ベストプランナーのような信頼度の高い投資顧問に任せることが得策です。むろん、一任売買は禁止事項ですので、あくまでもアドバイスや助言を受けるという意味合いであることはいうまでもありません。デイトレーダーのように、チャートの前に一日中張り付いていられるような人は別としても、サラリーマンや主婦のように片手間で株式投資をする人は、タイムリーな情報を逸してしまうことも往々にしてあるものです。そんな事態を回避してくれるのが投資顧問ベストプランナーの提供するサービスといえるのではないでしょうか。投資家の希望するスタイルに合わせてくれることも投資顧問ベストプランナーが支持を集める原動力です。

  READ ARTICLE
0 words ()
by admin | 3:11 am

投資顧問ベストプランナーは優良なのか?

投資顧問ベストプランナーについて
私も顧問投資のお世話になるにあたり、いろいろな顧問投資サイトを検索し口コミなどをチェックしました。私が選んだ投資顧問ベストプランナー は、数々の会社を立ち上げてきた金融のプロである、高見英治さんが代表取締役をしている投資顧問です。口コミを参照すると、投資顧問プランナーは、総合力が高いそうです。総合力とは、投資助言力であったり、診療力であったり、有事の際の対応力であったりします。また、私が投資顧問ベストプランナー に決めたのは投資顧問として20年以上もの歴史があること。これが私の信頼感へとつながりました。
私も、無料会員から始めましたが、無料会員の時点でもう借り始めたので、評判の良いロイヤルプランの契約をすることにしました。月額料金は高額でしたが、何と言っても代表取締役の高見英治さんのフォローが受けられるため勝率は100%、数百万の投資で数千万円の利益を得ています。
投資顧問ベストプランナーは優良か?
私の経験からすると顧問投資ベストプランナー からの情報は時代を先取りしている上、正確であるため、有料だと思います。勧められた株の上昇率についても常に2杯以上をマークしています。とくにロイヤルプランに登録してからは、買い時と売り時の指示が絶妙で、大きな利益を常にマークしていると思います。ロイヤルプランの場合は代表取締役の高見さんの指示が出ているので、情報の確かさもひとしおなのかもしれません。
口コミを参照した時も、多くの個人投資家からかなりの好評を博していると評価されていました。
優良企業と言われるのもその経営理念から来ているのかもしれません。投資顧問ベストプランナーは全ての個人投資家のために国内最高峰を株式情報を提供することを目指しています。また、一人一人の株への考え方や資金力に合わせたプランを組んでくれるため誰でもが安心してお付き合いできるのではないでしょうか。何より、一番感動した社訓が「情報戦に勝つのではなく圧勝する」ということが目標に掲げられていることです。
無料会員になっただけでも、1週間の相場の動向がわかる無料コラムが受けられ、毎日の相場のレポートが記載された「夕刊アナリストレポート」を受け取ることもできます。最も役立つのが、メールいて無料で注目銘柄を紹介してくれて、翌週にはその銘柄の動向を解説したメールが送られてくるため、儲けるだけでなく株の勉強にもなりとても役立ちます。
私はこれからもTMJ投資顧問のお世話になり続けようと思っています。

  READ ARTICLE
1 words ()
by admin | 4:24 am

インサイダー情報とその区分

インサイダー情報とは、上場会社などの機密事項とされる重要な事柄のことを指し、中でも株価の動きに関わる出来事であり、これらの「決定」「発生」「決算」事項と「バスケット条項」に区分されます。

決定事項とは

株価に変動が起きてもおかしくないような必然的なイベントが決定したことを言います。
取締役会の他に、社内決定機関が決めたものも含み、その前段階のリサーチ情報や決め事が決定となった場合など、その意味合いは広範囲にわたる場合があります。

発生事実とは

不可抗力などにより、会社の方針とは無関係に起きてしまった、重大な事柄をいいます。
株価の変動が起きてもおかしくないほどの大きなイベントの場合は、それが良い場合もあり、悪い場合もあるわけですが、両者を含んだものを指します。

決算情報とは

会社の業績の予想が修正となる情報の事を指します。こちらも良い場合も悪い場合もありますが、両者を含んだものを指します。

バスケット条項事実とは

投資の判断に影響を与えてしまう機密事項的な重要情報と考えられるものを指します。
ただし、バスケット条項事実そのものが不透明とされているため、そうなるとインサイダー取引の境目が余計に、曖昧となって判断されてしまうことが多々あります。

これら、重要とされる事実事項に当てはまるかもしれないけれど、株価にはさほど影響しないであろう小規模なものは、重要事実からは除外となります。
重要とされるインサイダー情報であるとはっきりと自覚をしている時だけはなく、当てはまるかどうかがわからないけれど、当てはまっても構わないという故意的なものは含まれてしまいます。

弁明理由とならないことを念頭に

自らが好まずして、犯罪に巻き込まれてしまう場合もありますので、その基準などは理解をしておくべきでしょう。これらインサイダー情報を含む口コミサイトなどを利用するというのもひとつの方法です。
理解せずに取引を行ってしまい、結果、インサイダー取引になっていた場合は目も当てられません。例をあげれば、海外にある子会社がある理由により解散といった事実事項を「機密的な重要情報ではない」と判断し、自社の株を取引きしてしまったことで数千万円の課微金命令が出たということもあります。「ついつい」や「うっかりしていた」が弁明理由とならない場合も多々ありますので、やはり事前リサーチは必須となるでしょう。

インサイダー情報を含む口コミ

私が過去利用していた口コミ情報サイトは数百を超えているのが事実です。もちろん中にはインサイダーを謳って100%勝つことが出来る、やどこどこの誰々がインサイダー情報を漏らしたなど、真実に欠ける情報も世の中に蔓延しています。

その中でも真実の情報を少しでも読者へ届けようと、日々更新されている口コミサイトも存在しています。中でも私が日々の投資活動の役に立てている情報サイトを1つご紹介させて頂きます。

インサイダー情報を含む口コミ

また他にも知識と情報の真意性を判断したうえで、当サイトにてご紹介させて頂ければと思います。

  READ ARTICLE
50 words ()
by admin | 4:24 am

インサイダー情報をもとにした取引の規制とは

インサイダーの取引のルールは、複雑です。ルールの規制が厳しすぎると、取引そのものをむやみやたらに恐がってしまい、株の出来高へも影響してしまうことも考えられます。
しかしながら、決め事もなく緩い状態であると証券市場の内部が乱れてしまうということが起こります。その境目を見極めるために、調整を繰り返してきたことによって、疑問点も附帯してしまうという規制になっていると見受けてしまいます。この状態は、以降も続くと考えられています。

インサイダー取引の規制とは

インサイダー情報の口コミサイトなどを利用して情報収集を行う前に注意しておきたいのは、取引の規制がどういったものになっているのか?を知っておくことでしょう。
「会社の内情を知り得る関係者」となる第一情報受領者が、会社の内情に関する機密事項及び株価の動きといった重要事項をインサイダー情報と言い、これらを知った状態で公に公開される前の非公開の状態で、株式の取引を行ってしまうこと。これらは、規制される行為として罰則の対象となるわけです。

NGとなる境目は?

第一次情報受領者とは、会社関係者であり、その範囲はなんらかの事情によりその会社を退職した人物も含みます。正社員だけではなく、契約社員、アルバイト、パート社員は当然。
契約を締結している取引先(銀行、顧問役なども含む)、法令に基づく権限がある人物や総株式を保有する人物、これらすべてがNGの範疇となります。ここで覚えておいていただきたいのは、現在ではなく過去に関係者とされる従業員の場合は、辞めてから1年までがNGと限定されます。辞めてから1年以上が過ぎれば内部者という判断ではなく、一般投資家というふうに扱われ、取引の規制からは外れることになります。

第一情報受領者の範疇は?

機密事項とされる重要情報を持っている会社関係者からインサイダー情報を見聞きして、それらを受け取った人のことを指します。好まずして聞かされた場合(社外含む)でも、そのような情報を見聞きしてしまった場合には、取扱いに注意が必要となります。
株式の発行元とされるのは、上場されている企業は勿論ですが、そこに関連する企業も含まれます。親会社とは関係ないと思っている子会社の従業員も対象となる場合がありますので、ここでも注意が必要となります。

  READ ARTICLE
31 words ()
by admin | 4:20 am

インサイダー取引の犯罪に関わらないために

インサイダー取引が法的に禁止されているということは、ご存知だと思います。
もちろん誰もが、犯罪者にはなりたくなんてありませんよね。インサイダー取引について知っていれば防げたかもしれないことでも、よく知らなかったばかりに、インサイダー情報を「悪いことに使う」という意識が無い状態で、普通に生活をしていていたとしましょう。その場合、ひょっとするとインサイダー取引に該当してしまう行動を取ってしまっているかもしれません。「悪いことをする意識がない」場合でも、犯罪として加点されてしまえば、厳しいペナルティが待っています。

どういった犯罪か?

株を売買するときには、どういった情報源を参考に判断しているでしょうか?
株価の上昇、変動に繋がる重要事項は、誰よりも素早く入手し、得に繋がることは人よりも先回りして売買しておきたいと考えますよね。そのような重要事項もインサイダー情報を含む口コミサイトなども多数存在します。
しかしながら、人よりも先回りし、その程度が明らかに通常よりも超えてしまった場合には、金融商品取引法で定められているインサイダー取引という犯罪にあたってしまう可能性も出てくるのです。

インサイダーという言葉は「内部者」という意味にあたります。株価に影響があるような、内部者しか知り得ない機密事項を、公には未発表の状態でその情報を利用して儲けようとする動き、それらを取り締まるための法律でもあります。

会社に知られてしまうリスクもある

犯罪処罰として対処外であったとしても、金融庁からは「課微金」という処罰の対象となる場合もあります。その場合は5万円以内の課微金が命じられたケースもありますが、中には数百万円以上という額で科せられることもあります。そうなると、生活に支障をきたすだけでなく、現在勤めている勤務先にも知られてしまうことに繋がり、懲戒免職という勤務先からのペナルティも同時に受けることになることも。

インサイダー情報の取扱いと取引について、詳しく知らなかったが故に、結果「犯罪に巻き込まれていた」となる可能性もあるかもしれないということを、知って頂けたかと思います。
インサイダー情報を含む口コミサイトを利用して、事前にリサーチしておくのが賢明かもしれません。

  READ ARTICLE
26 words ()