by admin | 4:24 am

インサイダー情報とその区分

インサイダー情報とは、上場会社などの機密事項とされる重要な事柄のことを指し、中でも株価の動きに関わる出来事であり、これらの「決定」「発生」「決算」事項と「バスケット条項」に区分されます。

決定事項とは

株価に変動が起きてもおかしくないような必然的なイベントが決定したことを言います。
取締役会の他に、社内決定機関が決めたものも含み、その前段階のリサーチ情報や決め事が決定となった場合など、その意味合いは広範囲にわたる場合があります。

発生事実とは

不可抗力などにより、会社の方針とは無関係に起きてしまった、重大な事柄をいいます。
株価の変動が起きてもおかしくないほどの大きなイベントの場合は、それが良い場合もあり、悪い場合もあるわけですが、両者を含んだものを指します。

決算情報とは

会社の業績の予想が修正となる情報の事を指します。こちらも良い場合も悪い場合もありますが、両者を含んだものを指します。

バスケット条項事実とは

投資の判断に影響を与えてしまう機密事項的な重要情報と考えられるものを指します。
ただし、バスケット条項事実そのものが不透明とされているため、そうなるとインサイダー取引の境目が余計に、曖昧となって判断されてしまうことが多々あります。

これら、重要とされる事実事項に当てはまるかもしれないけれど、株価にはさほど影響しないであろう小規模なものは、重要事実からは除外となります。
重要とされるインサイダー情報であるとはっきりと自覚をしている時だけはなく、当てはまるかどうかがわからないけれど、当てはまっても構わないという故意的なものは含まれてしまいます。

弁明理由とならないことを念頭に

自らが好まずして、犯罪に巻き込まれてしまう場合もありますので、その基準などは理解をしておくべきでしょう。これらインサイダー情報を含む口コミサイトなどを利用するというのもひとつの方法です。
理解せずに取引を行ってしまい、結果、インサイダー取引になっていた場合は目も当てられません。例をあげれば、海外にある子会社がある理由により解散といった事実事項を「機密的な重要情報ではない」と判断し、自社の株を取引きしてしまったことで数千万円の課微金命令が出たということもあります。「ついつい」や「うっかりしていた」が弁明理由とならない場合も多々ありますので、やはり事前リサーチは必須となるでしょう。

インサイダー情報を含む口コミ

私が過去利用していた口コミ情報サイトは数百を超えているのが事実です。もちろん中にはインサイダーを謳って100%勝つことが出来る、やどこどこの誰々がインサイダー情報を漏らしたなど、真実に欠ける情報も世の中に蔓延しています。

その中でも真実の情報を少しでも読者へ届けようと、日々更新されている口コミサイトも存在しています。中でも私が日々の投資活動の役に立てている情報サイトを1つご紹介させて頂きます。

インサイダー情報を含む口コミ

また他にも知識と情報の真意性を判断したうえで、当サイトにてご紹介させて頂ければと思います。

  READ ARTICLE
52 words ()
by admin | 4:24 am

インサイダー情報をもとにした取引の規制とは

インサイダーの取引のルールは、複雑です。ルールの規制が厳しすぎると、取引そのものをむやみやたらに恐がってしまい、株の出来高へも影響してしまうことも考えられます。
しかしながら、決め事もなく緩い状態であると証券市場の内部が乱れてしまうということが起こります。その境目を見極めるために、調整を繰り返してきたことによって、疑問点も附帯してしまうという規制になっていると見受けてしまいます。この状態は、以降も続くと考えられています。

インサイダー取引の規制とは

インサイダー情報の口コミサイトなどを利用して情報収集を行う前に注意しておきたいのは、取引の規制がどういったものになっているのか?を知っておくことでしょう。
「会社の内情を知り得る関係者」となる第一情報受領者が、会社の内情に関する機密事項及び株価の動きといった重要事項をインサイダー情報と言い、これらを知った状態で公に公開される前の非公開の状態で、株式の取引を行ってしまうこと。これらは、規制される行為として罰則の対象となるわけです。

NGとなる境目は?

第一次情報受領者とは、会社関係者であり、その範囲はなんらかの事情によりその会社を退職した人物も含みます。正社員だけではなく、契約社員、アルバイト、パート社員は当然。
契約を締結している取引先(銀行、顧問役なども含む)、法令に基づく権限がある人物や総株式を保有する人物、これらすべてがNGの範疇となります。ここで覚えておいていただきたいのは、現在ではなく過去に関係者とされる従業員の場合は、辞めてから1年までがNGと限定されます。辞めてから1年以上が過ぎれば内部者という判断ではなく、一般投資家というふうに扱われ、取引の規制からは外れることになります。

第一情報受領者の範疇は?

機密事項とされる重要情報を持っている会社関係者からインサイダー情報を見聞きして、それらを受け取った人のことを指します。好まずして聞かされた場合(社外含む)でも、そのような情報を見聞きしてしまった場合には、取扱いに注意が必要となります。
株式の発行元とされるのは、上場されている企業は勿論ですが、そこに関連する企業も含まれます。親会社とは関係ないと思っている子会社の従業員も対象となる場合がありますので、ここでも注意が必要となります。

  READ ARTICLE
31 words ()
by admin | 4:20 am

インサイダー取引の犯罪に関わらないために

インサイダー取引が法的に禁止されているということは、ご存知だと思います。
もちろん誰もが、犯罪者にはなりたくなんてありませんよね。インサイダー取引について知っていれば防げたかもしれないことでも、よく知らなかったばかりに、インサイダー情報を「悪いことに使う」という意識が無い状態で、普通に生活をしていていたとしましょう。その場合、ひょっとするとインサイダー取引に該当してしまう行動を取ってしまっているかもしれません。「悪いことをする意識がない」場合でも、犯罪として加点されてしまえば、厳しいペナルティが待っています。

どういった犯罪か?

株を売買するときには、どういった情報源を参考に判断しているでしょうか?
株価の上昇、変動に繋がる重要事項は、誰よりも素早く入手し、得に繋がることは人よりも先回りして売買しておきたいと考えますよね。そのような重要事項もインサイダー情報を含む口コミサイトなども多数存在します。
しかしながら、人よりも先回りし、その程度が明らかに通常よりも超えてしまった場合には、金融商品取引法で定められているインサイダー取引という犯罪にあたってしまう可能性も出てくるのです。

インサイダーという言葉は「内部者」という意味にあたります。株価に影響があるような、内部者しか知り得ない機密事項を、公には未発表の状態でその情報を利用して儲けようとする動き、それらを取り締まるための法律でもあります。

会社に知られてしまうリスクもある

犯罪処罰として対処外であったとしても、金融庁からは「課微金」という処罰の対象となる場合もあります。その場合は5万円以内の課微金が命じられたケースもありますが、中には数百万円以上という額で科せられることもあります。そうなると、生活に支障をきたすだけでなく、現在勤めている勤務先にも知られてしまうことに繋がり、懲戒免職という勤務先からのペナルティも同時に受けることになることも。

インサイダー情報の取扱いと取引について、詳しく知らなかったが故に、結果「犯罪に巻き込まれていた」となる可能性もあるかもしれないということを、知って頂けたかと思います。
インサイダー情報を含む口コミサイトを利用して、事前にリサーチしておくのが賢明かもしれません。

  READ ARTICLE
26 words ()