by admin | 4:18 am

悪徳サイトを見極めるために
インサイダー情報の口コミサイトを活用

よく耳にする「インサイダー」という言葉。この意味は、ある集団や組織の内部にいる人のこと指します。また、その内部の事情に詳しいとされる人物のこと。
そして、集団や組織を会社という組織に当てはめた場合、その会社の内部者情報の近くにいる存在の重要人物とされる人達がその立場を利用し、機密事項とされる内部の重要情報を世に公開される前に株式などを売買する行為のことを指します。
いわゆる、「インサイダー取引」といわれるものがそれに当たります。

口コミ情報が多くある

株式投資助言サイトにはインサイダー情報を含む口コミ情報が載っています
最近多くの個人一般投資家の人が増えてきており、その数と比例して同様に増々増加しているのが投資顧問の紹介サイト。
契約者の方に対して投資におけるアドバイスなどを行っている人たちです。 ネット上には多数の投資顧問サイトがあり、利用している人も多くいることでしょう。

悪徳なサイトが存在している?

多数の投資顧問サイトが存在すればするほど、悪徳なサイトも存在してきていることも事実です。目的は、個人の一般投資家を巧妙な手口で騙すことで儲けようとしている悪者です。
悪者であるが故、表面化せずに水面下で動きを見せています。
ネット上では悪徳サイトの噂が広がっていますが、その目的としてはこのような手口に引っ掛かってしまう人が少なくなるように、周知してもらうためのことでもあるでしょう。
デジタル通信機器が発達している昨今、インサイダー情報を含む口コミ情報も満載しています。

噂の裏には何がある?

このネット上の噂をリサーチすることで、優良の投資顧問サイトを見つけることができたり、一般投資家の人たちが詐欺にあうことを防げたりするのではないかとそんなふうにも思います。
そのためには口コミ情報を収集し、そしてそこからふるいにかけるという作業を行い、防御するための行動をとにかく起こしてみるということが、自分の身を守り、強いては身近にいる大切な人をも守れるということに繋がるのかもしれません。

さいごに

インサイダー情報を入手し、それを利用するということは、法律的には禁止されていることです。ですが、それを逆手に取った詐欺が増加しているということは、それらの話に乗ってしまうということが大きな問題ではないでしょうか。

  READ ARTICLE
31 words ()